E-Kon

結婚相談所にも種類がある!自分に合うシステムに登録しよう

幸せは自分で掴み取ろう

婚活の定番とは

男の人と女の人

最近、婚活という言葉はとても有名になりましたが実際に婚活をしている男女はどんな活動をしているのでしょうか。
昔ながらのお見合いや合コンなどのように少人数や一対一で行うものが思い浮かびますよね。
ですがそれらは実際に参加しようとしても開催の設定など他人の手を煩わせなければならず、一度で気の合うお相手に出会えなかった場合には何度も仲介をお願いせねばならず自分の思い通りに進めることは難しいものです。
その点お見合いパーティーを婚活のメインとすれば他人の手を煩わせずとも簡単に参加することが出来、何度でも自分の思い通りの参加が可能なのです。
大阪でもお見合いパーティーは頻繁に開催されており、多くは大阪市内のホテルの一室で一回に約2時間程度のお見合いパーティーが主流で価格は男女差があるものが多く、男性側は医師や弁護士または年収500万円以上などの条件が付くお見合いパーティーであれば女性側の参加費の方が高く設定されている場合も少なくありません。
大阪や神戸や京都など、同じ主催者がたくさんお見合いパーティーを開催していますので好みのものを探してみられてはいかがでしょうか。
また、大阪での開催をせず日帰りでバス旅行をしたり、田舎体験や同じ趣味を楽しむなどの企画で都市部を離れての開催もよくみられます。
同じ趣味を持つお相手ならば話も盛り上がってお付き合いに発展することも多いと思われますし、それより何よりただお話しだけするお見合いパーティーよりも自分が楽しいこと請け合いです。

好感を持ってもらうには

スーツ姿の人達

会社で気になる女性がいる場合、社内恋愛に発展させるためには、自分をアピールし、良い印象を持ってもらうことが大切です。
まず、会社は仕事をする場所なので、真剣に仕事に取り組むことです。
仕事ができるようになると、周囲からも信頼され、特別なアピールをしなくても注目される存在になります。
また、周囲の人に対しても誠実に、公平に接することでコミュニケーション能力の高さもアピールします。
次に大切になるのが、親しみやすさや、優しさです。
社内恋愛に発展させるには、個人的な接点が必要になります。
仕事中、偶然を装って彼女の仕事を手伝ったりします。
特に重たい物を持つ場面や、高い所の物を取る場面で助けてもらった場合、優しさと同時に、男性らしさもアピールすることができます。
立場が上司や先輩の場合は、女性の仕事ぶりを評価したり、フォローをすると頼れる男性という印象を持ってもらいやすくなります。
女性が仕事で困っているときは相談に乗ったり、励ましたりして、いつでも頼れる相手になっておくようにします。
女性に安心感を持ってもらうことで徐々に仕事以外の会話も増やしていくようにします。
会社で飲み会があった時、自由に席が選べる場合は、女性の隣の席に座ることで社内恋愛に近づくことができます。
そして、仕事後や休日の過ごし方、食事の好みなど、プライベートな内容の会話を増やすようにします。
できるだけ女性の話に共感し、共通点を探し、楽しく会話することを心がけます。
既に信頼関係が築けている場合は、個人的な連絡先も聞きやすくなります。
社内恋愛を目指すために連絡先を聞くことは重要です。
連絡先を聞くには勇気がいります。
もっと話がしたいからとストレートに聞き出すことが難しい場合は、仕事の連絡事項があるなど、仕事を理由にすると聞きやすくなります。
そして徐々に個人的な内容のやり取りを増やすと自然でスムーズに仲良くなりやすいです。

自分らしい婚活

カップル

合コンや街コンは身近な婚活方法ですが、カジュアルすぎて合わないと感じる方も少なくありません。
フォーマルな形で異性と知り合いたい場合は、お見合いを行います。
お見合いを行う際はまず異性を紹介してくれる方を探しましょう。
親族や会社関係者だけでなく、業者を利用して異性と知り合うことも可能です。
お見合いは異性と知り合う前に、相手のプロフィールと顔写真を確認できるのが特徴的です。
学歴や職歴が分かれば将来結婚した際も相手に対して信頼を抱きやすいでしょう。
また自分自身も同様のプロフィールを作成します。
業者を使ってお見合いをする場合はスタジオを使わずにプロフィール写真を撮影することもできますので、お手軽です。
またお見合い当日はカジュアルな私服ではなく、フォーマルな衣装を選びます。
男性であればスーツを着用しましょう。
女性の場合、パーティードレスは避けます。
和服でも間違いはありませんが、ワンピースやブラウスなど格式高くない衣装を選ぶと相手を緊張させずに済みます。
お見合いではその場に仲人が立ち会ってくれるケースと、男女二人だけ出会うケースがあります。
どのような場合でも自由に二人で話し合えますので、異性に何を訊ねたいのか考えておきましょう。
お見合い時間は二時間ほどで終了します。
相手の感触が良い場合は仲人や業者にその旨を伝えて、交際を始めます。
その前の段階で自分のアドレスを伝えずに済むため、男女共に安心できる婚活方法なのです。